美を追求する女性に告ぐ|ヒアルロン酸の効果を体感しよう

薬剤注入で治す

美容整形

万が一のトラブル

美容整形でも人気のヒアルロン酸による施術は、実のところ一定のリスクが存在します。例えば特に多いのが、注入したヒアルロン酸が後に塊となってしまうケースです。ヒアルロン酸は、通常は時間の経過とともに体内に吸収される性質を持ちます。ですが、場合によっては部分的に凹凸が現れたり組織に違和感が生じることがあるのです。確率は少ないですが、技術的に未熟な医師がこの手の整形治療を行った場合には注入量の調整などが上手にできず、後にトラブルが現れてくることがあります。ヒアルロン酸は、注入する量や針を刺す部位が重要です。このような施術の際に誤って血管などを傷つけると、稀に重篤な後遺症が出てきます。またヒアルロン酸の注入においては、適量を守るということが非常に大切です。例えばほうれい線の整形術などでは、しわを消すためにヒアルロン酸を用います。このような場合、注入量を無暗に増やしても望む効果は得られないことが多いです。周辺組織とのバランスが崩れると、却ってしわを目立たせてしまうことにもなりますので、注意が必要となります。この手の整形術に使用するヒアルロン酸は、各美容クリニックによって異なります。ヒアルロン酸の分子構造にも違いがあり、後遺症のリスクや施術の仕上りも微妙に変わってくるのが常です。施術を受ける際には、このような使用するヒアルロン酸の違いも確認しておくことがポイントと言えます。ヒアルロン酸による整形術は実施する美容クリニックが多いだけに、選び方が重要です。

使い分けが一般的です

現在美容整形で仕様されているヒアルロン酸は、低分子処方と高分子処方に分かれます。目元や口元などの微妙な調整が必要な部位の施術の場合は、低分子処方のヒアルロン酸が使われるのが常です。一方、豊胸術などの体の深部に注入する施術においては、高分子処方のヒアルロン酸が選択されます。低分子処方のヒアルロン酸は概して体に吸収されやすく、効果の持続期間が短いのが難点です。ですが、吸収が早いことから失敗による後遺症のリスクが低下することが一つのメリットでもあります。一方、高分子のヒアルロン酸は、よりゆっくりとしたスピードで吸収が進みます。ですので、効果が長持ちするのが大きな魅力です。バストアップを目的とする豊胸術などにおいては、主にこの高分子処方のものを注入します。バストの場合は、後にしこりになる確率が比較的低く、効果を長続きさせることがより重視されるのが一般的です。低分子処方のものは平均数か月単位で再注入が必要になるため、バストの場合には不向きと考えられます。このような薬剤の使い分けは各美容クリニックの医師の判断で行われますので、同じ施術でも使用する薬剤の種類が異なるケースが見られます。従って、施術を受ける際には事前にカウンセリングなどを通じて、治療の詳細を把握しておくことがコツです。カウンセリング自体は無料で受けられることが多く、情報収集のために利用するのも一つの方法となり得ます。整形医療には実際失敗例も少なくないことから、後悔のない選択をすることが重要です。